手形による借金の受け取り方

手形とは、後日決済することを約束した支払証書です。これには「約束手形」と呼ばれる二者間で交わされるものと、「為替手形」という三者間で交わされるものがあります。しかし後者はほとんど使用されることはありません。小切手と似ている点もありますが、小切手は現金の代わりに使用されほぼ即時決済される点が異なると言えます。
手形による借金は、銀行に持ち込むことで換金することができます。また、自分の返済などのために他人に譲渡することも可能です。これを「裏書」といいます。裏面に受取人と受け取る人の記名や押印を行います。しかし、裏書にも注意が必要です。もし支払人が不渡りを起こした場合、代わりに裏書をした人が支払い義務を負うのです。ですので、裏書をする場合には支払人の支払い能力を見極めることが大切です。借金として手形を受け取った場合、その様式を確認する必要があります。定められた書式を備えていなければその効力が無効になってしまうので注意が必要です。管理には現物とデータの両方が必要と言え、支払期日に換金する予定であればなるべく早く銀行へ行きましょう。裏書をする場合は盗難などに気を付けて、それまで会社の金庫などで保管するのが望ましいです。